Soweeb!

SMAPがSMAPxSMAP(スマスマ)で生放送謝罪、真実に迫る言葉も伝えられた

      2016/01/19

SMAPの解散騒ぎ、最近話題になっていますね。

私も気になってはいました。普段別にSMAPファンってわけじゃないんですけどね。

なんで気になってしまうのか不思議ではあります。

SMAP個々それぞれの活躍が凄いからかもしれません。

スポンサーリンク

中居さんあたりはバラエティ番組で見る事もよくありますからね。

さて、そのSMAPが解散危機報道でどうなるかわからなかったのですが

SMAPxSMAP(スマスマ)が一部内容を変更してSMAPが生放送で言葉を伝えました。

私も気になったので見てみました。

フジテレビの事だから番組終了間際にやるのかな?と思っていたら、番組の冒頭だったので意外でしたね。

番組終了間際の方が視聴率的には良かったはずですが。

そのSMAPのコメントですが、概ねファンや世間に対するお騒がせしましたという謝罪コメントではありましたよ。

まず初めに印象に残ったのが木村さんがリーダー的役割で話を進めていった点です。

各社の報道では木村さんが他の4人とジャニーズ事務所との仲を取り持ったという話だったのですが

本当にそんな雰囲気ではありましたね。

木村さんが冒頭で話をし始め、その後稲垣さん、香取さん、中居さんへと続きました。

ここまでの4人はお騒がせしてすみません、これからもよろしくお願いします。といったような内容でした。

スポンサーリンク

この時点でSMAPは存続していくんだろうなとは分かりますね。

このまま、無難な言葉で草薙さんも話をするのかと思ったら、最後に今回の騒動の真に迫る言葉が1つ聞けました。

草薙さんは、木村さんのおかげでジャニーさんに謝罪する機会がもらえたと語ったのでありました。

これはスポーツ紙などの報道通りであったなと分かる事ではありましたね。

つまりは4人と木村さんが分かれてしまっていた状態であったという事が確かなようです。

とは言いましても、懇意にしているスポーツ紙に事務所が情報を流していたのではあるのでしょう。

しかし、一時期は4人がジャニーズ事務所を出るという決断をして、揉め事があったのは確かではあったのでしょう。

なにせジャニーさんに謝罪する機会をもらったと語っていますからね。

そんなわけで、今回の生放送では仲を取り持った木村さんがリーダー的な役割で話を進めたのではあるのでしょう。

しかし報道によると揉めていた相手は副社長であって、ジャニー社長ではないイメージなんですよ。

マネージャーと副社長の確執の問題から始まったSMAPの解散危機ではあると報道では聞いていますが、少し違和感があります。

前もって謝罪の言葉は決められていたのではないかなという印象は持ちました。

概ね事務所のシナリオ通りの謝罪であったんだろうとは感じています。

スポンサーリンク

 - 芸能