Soweeb!

スポンサーリンク

格安simでおサイフケータイは使えるのか?

   

格安simの話題として格安simでおサイフケータイは使えるのか?使用できるのか?について書いてみます。

おサイフケータイの使用者数はそんなに多くない統計にはなっているようです。

 

しかし大手キャリアから格安simに移動する場合に気になる方もいるようですね。

おサイフケータイに対応した端末を用意すればいい

格安simでもおサイフケータイは使用可能であるようです。

ただしおサイフケータイに対応した端末を用意する必要はあります。

スポンサーリンク

 

おサイフケータイはガラパゴス機能ではあるので、海外メーカーのsimフリー端末などにはこの機能がついていません。

主に日本メーカーのandroid端末でおサイフケータイの機能が付いたものならおサイフケータイを利用できる事になるようです。

 

筆者はzenfone3を使っているのでおサイフケータイの機能はついていないです。

ですからおサイフケータイの機能には興味なかったのですが、調べてみると格安simでもおサイフケータイは使用できると分かりました。

おサイフケータイに対応した端末を手に入れる方法

おサイフケータイに対応した端末を手にいれる方法ですが、いくつかあります。

simフリー端末を家電量販店などで買う

まず日本メーカー製のsimフリー端末も販売されてはいます。

価格.comなどで調べてみると、シャープや富士通製のsimフリー端末におサイフケータイの機能がついた端末があります。

このような端末を家電量販店やネット販売で購入するとよいでしょう。

おサイフケータイに対応した端末をセット販売で購入

格安simのセット販売で売られている端末の中にもおサイフケータイ機能がついたものがあります。

やはり日本メーカー製の端末になる事がほとんどですが、おサイフケータイの機能が欲しい場合は、これらの端末を選ぶとよいでしょう。

 

筆者が使っている楽天モバイルでもお財布ケータイ機能がついたスマホ端末は売られていました。

楽天モバイルの評判!メリットとデメリット 実際に通話simを契約した感想も

スポンサーリンク

白ロムを購入する

大手キャリアの白ロムを購入する手もあります。

ネット上でも調べてみると白ロムのスマホが売られていたりします。

おサイフケータイ端末の欠点

実はおサイフケータイ端末の欠点があります。

それはスマホの基本性能の割に値段が高くなることです。

 

日本メーカー製のスマホはワンセグやおサイフケータイなどガラケー時代からのガラパゴス機能を引き継いでいる事が多いです。

そのため海外製のsimフリー端末はこのような機能がついていません。

 

一見日本メーカー製の端末の方がよさそうに思えるのですが、ガラパゴス機能がついているせいなのか値段が割高であるかもしれません。

海外メーカー製のスマホと日本メーカー製のスマホが同じくらいの価格だった場合に、日本メーカー製のスマホの処理能力などの基本性能がワンランク下くらいになっているかもしれません。

 

防水、ワンセグ、おサイフケータイなどのガラパゴス機能がいらない場合は、それらの機能を省いた海外メーカーのsimフリー端末の方が基本性能が高い端末を安く手に入れやすいかもしれません。

今後はQRコード決済が主流になってくる?

中国ではスマホを使った電子マネー決済が普及しているそうです。

中国でおサイフケータイが流行っている訳ではありません。

 

QRコードを使ったシステムでスマホにアプリをインストールすれば電子マネー決済ができるそうです。

実に普及率が90%以上はあるそうで、日本は電子マネー決済の後進国になっている様子です。

 

日本でもQRコードを使った電子決済の普及を目指す声が上がっているようです。

今後はおサイフケータイは徐々に廃れていくのではないかと筆者は感じました。

 

その前におサイフケータイの導入にはコストや複雑に感じる条件があるので、国内であまり普及していないのかもしれません。

特に年配の方や機械が苦手な方にとってはハードルが高いようです。

電子マネーの環境が今後どうなっていくのか気になるところではあります。

格安simの選び方と比較のまとめ

スポンサーリンク

 - 格安sim