Soweeb!

BABYMETAL なぜ海外で人気なの?詳しく解説してみようと思う

      2016/04/24

BABYMETALの海外での人気が大きく高まったのは2014年であろうと思います。日本でも武道館公演をするなど根強い人気はあったわけなのですが、その人気は世界へ広まっています。

ではなぜBABYMETAL が海外で人気になっているのか?きっかけとなったのは何なのか?どんなところが世界の人々に受け入れられる要因になっているのか?

その辺の話をしてみたいと思います。私がBABYMETAL を好きになったのは2014年の春の終わりから夏くらいだったと思います。

丁度この頃に世界でもBABYMETALの人気が大きく高まっている時期であり、その事を知り興味を持ったのが私がBABYMETAL を好きになったきっかけにはなっています。

スポンサーリンク

BABYMETALが世界に知られるようになったのは動画サイトがきっかけ

BABYMETALが世界に知られるようになったのは動画サイトのPVがきっかけではあります。

BABYMETALは2011年に「ド・キ・ド・キ☆モーニング」でインディーズデビューとなるようです。

この「ド・キ・ド・キ☆モーニング」も公式PVがYouTubeにアップされこの頃から世界のユーザーからのなんじゃこりゃ!というようなびっくりした反応が多かったようです。

ギミチョコ!!のPVが再生回数1000万回を越えて世界的な人気が高まる

アイドルとメタルの融合というメタル界への新しい刺激が話題となっていたBABYMETALですが、その話題性が一気に高まったのが「ギミチョコ!!」という曲がきっかけと言えるでしょう。

このPVは世界中の人が見ており2014/02/25に公開後数ヶ月で1000万の再生回数を突破しました。現在その再生回数は2200万回を超えています。

デスメタルというジャンルである激しい曲調を基盤とした曲でありながら、サビの部分は甘いポップなメロディに変わってしまうという可愛さとメタルが融合した凄く面白い曲です。

この曲に海外の人達も多く魅了されてしまったのかもしれません。もちろんこの曲が発表されるまでの地道な活動で日本でのファン獲得、海外での話題性も高まっていたのかもしれません。

しかしギミチョコ!!の再生回数の伸びは突出したものがあり一気に世界的ブレイクへと繋がった事は間違いないであろうと思われます。

海外での活動と認知度が高まる

動画サイトで認知度が上がり海外での注目も高くなったBABYMETALですが、それと共に海外での活動も多くなります。

1stアルバム『BABYMETAL』は7ヶ国のiTunes Storeでロックチャートにアルバム・チャートにベスト10入り、米ビルボードの総合アルバムチャートにもランキング入りしました。

海外フェスへの参加により大物メタルバンドとのフォトセッションなどが増えます。フェスとはフェスティバルの略語ではあります。

またレディー・ガガからサポートアクトしての参加が依頼され、レディー・ガガのサポートアクトとしてアメリカでの公演に参加することとなりました。

海外メディアからも注目されて数多くの取材を受ける事になります。また英メタル誌のMETAL HAMMERが主催した『HEAVY METAL WORLD CUP』というネット投票企画で優勝するなど、海外のメタルシーンで注目度が大きいと肌で感じられる結果もでています。

海外のBABYMETALファンはなぜBABYMETALが好きなのか?

海外のBABYMETALファンはなぜBABYMETALが好きになったのでしょう。

2014年にBABYMETALは海外でも多くの公演をしました。最初は手探り状態で500人位の小さな会場の予定でしたが、一気にソウルド・アウトしたため急遽もっと大きな会場へ変更となりました。

2014年の終わりくらいにはイギリスで5000人規模のライブ会場での追加公演となります。その客層は現地の客がほとんどであり、ガチで海外の人気があると確信できる状況です。

ライブ会場に来た現地ファンへのインタビューも報道されていたので、私もその様子については確認しております。

その人気の要素の1つとしては可愛いという事です。BABYMETALはkawaiimetalとして多くの海外女子を惹きつけています。

YoutubeにはBABYMETALのダンスをカバーした海外女子ファンの動画が多くアップされてる事からも感じられる部分です。

日本では古くから女性アイドルの振り付けを真似する女子がいましたが、そのような感覚での人気もあるという事になります。

次の要因としてはアイドル好きのファンもいるという点です。これは近年のAKBやももクロ人気と同じでアイドル好きな海外男性もいるという事になるでしょう。

そしてメタルという要素になります。ヘビーメタルは1つのジャンルとして根強いファンが海外にも多くいます。そこに今までいなかったアイドルとメタルを融合したグループが現れ、その音楽の質も高いという事で話題になっているのです。

スポンサーリンク

海外のメタルファンにとっては賛否両論です。元々男臭い硬派なジャンルとも言えるヘビーメタルではあるので、ティーンであり可愛いアイドルがメタルをやっている事に躊躇してしてしまう海外メタルファンが多いようです。

最終的にはハマってしまいいいものはいい!と評価する人もいれば、これはメタルではないと完全否定して嫌う人もいるようです。このように海外メタルファンの中では論争になることもよくあったようです。

しかし、結局のところ海外のメタルファンにも多くのBABYMETALファンが生じる事になっています。

海外のBABYMETAL公演では女性ファンやアイドル好きの男性、そしてメタル好きからBABYMETALに興味をもった方などいろいろなファン層が混じっていて多様なファンがおり面白い状態ではあるかもしれません。

BABYMETALはj-popアイドルとしての一面もありながら、メタルユニット・メタルバンドであるアーティストとして評価されている部分も大きいのです。

J-popアイドルとメタルの融合は日本だからできた事?

BABYMETALの人気の要因になっているのはやはりJ-popアイドルとメタルの融合という新しい風を吹き込んだ事ではあります。要するにこのようなグループは海外で今まではいなかったのです。

日本ではアイドルがメタルな曲を歌うというような試みは今まであったかもしれません。ただ本格的にメタルとアイドルを融合させて、それ一本でやってるアイドルはBABYMETALが初めてではあると思います。

日本で活動している元メガデスのギタリストであるマーティー・フリードマンが他サイトの記事で日本の音楽の魅力について語っていた事が印象的ではあります。

それは日本では色々なジャンルの音楽が上手くミックスされている点です。アメリカではメタルはメタル、ポップスはポップス、ラップはラップというようなジャンルの区別がはっきりしているそうです。

日本のヒット曲の中にはラップを取り入れたものや、アニメソングの中にもメタル調の曲があったりと色々な音楽の融合がされているかと思います。

そういった地盤がある日本であるからこそアイドルとメタルの融合というBABYMETALが生まれたのかもしれません。海外ではそれがより新鮮に感じ取れたのではないかとも推測できます。

そして今までなかった唯一無二の存在としての地位を確立しつつあります。普通のメタルをやるのではなく、今までなかったものをやったという事への評価は高いのです。

バックバンドである神バンドが本物であり評価も高い

BABYMETALは近年ライブを行う時には生バンドによる演奏で行います。生バンドでライブを行うにはコストも掛かるとは思うので、人気を獲得する前はオケによる演奏ではあったようです。

地道な活動で人気を得たからこそ生バンドでのライブ活動ができるようになったという事はまず知っておきたい事です。

BABYMETALは現在海外でライブをする時など多くのシーンで生バンドでの演奏が行われています。この生バンドのメンバーが日本でも屈指のテクニシャンを集めているとの評価になっています。

メタルというジャンル、正式にはヘビーメタルではありますが、このジャンルにおけるバンドの技術については特別な要因であるとは言えます。

メタルバンドにおいて演奏力の高さはファンを獲得する要因になります。それはメタル系の音楽を聴けばよく分かる事ではありますが、常人ではできないような速弾きやテクニックを披露して演奏するのがメタルの特徴ではあるのです。

私は元々海外メタルバンドをよく聴いていましたが、海外メタルバンドのボーカルの歌詞の意味は分からなくても、演奏力の高さに惹かれていたという部分は大きいです。

特にギタリストは花型であるので、彼らのテクニックや速弾きは大きくファンを惹きつける要因にはなります。

BABYMETALはそのようなメタル本来の魅力にも拘ったグループとはなっています。ですので生バンドのメンバーのテクニックは素晴らしいものがあり、海外フェスに参加した時は海外のメタル雑誌関係者がその演奏技術の高さを評価していました。

メタル好きからBABYMETALを好きになった海外メタルファンも神バンドの技術の高さには一目置いている評価コメントをする事が多いです。そして神バンドのメンバー個人の海外における知名度も上がってきています。

BABYMETALのプロデューサーであるKOBA-METALがメタルの事をよく分かっているなと感じ取れるエピソードではないでしょうか。

メタルにおいて演奏力の高さは重要な要素ではあります。それを分かっているからこそのバンドメンバーの人選ではあると言えます。

追記
この記事の補足と2015年度のBABYMETALの活躍について解説した記事を書いてみました。
続BABYMETAL なぜ海外で人気なの?2015年からの活躍も解説してみようと思う

スポンサーリンク

 - BABYMETAL