Soweeb!

スポンサーリンク

なでしこジャパン 女子ワールドカップ2015の結果とFIFA動画をまとめてみた

      2015/07/08

女子ワールドカップが開催中です。なでしこジャパンが予選から順当に勝ち進み、準決勝へと駒を進めました。

この後は勝っても負けても残り2試合ではあるのですが、先は強敵ばかりではあるのでベストを尽くして良い結果を残して欲しいと望みます。

開催前のなでしこジャパンの調子はイマイチかなと思われる感もあったのですが、蓋を開けてみると確実に勝っているので、準決勝まで来たのはさすがディフェンディングチャンピオンだと言えるかもしれません。

できれば1つでも上の順位、さらには優勝して欲しいとは思いますが、準決勝までいったらひとまずの合格点、さすがなでしこは強いねと言えるかもしれません。

スポンサーリンク

そんななでしこジャパンの動画はfifaの公式チャンネルでも公開されています。各国の対戦動画がUPされているのですが、なでしこジャパンの動画をピックアップしてまとめておきたいと思います。

決勝 なでしこジャパンVSアメリカ

日本 FIFAランキング4位
アメリカ FIFAランキング2位

試合結果 5-2 アメリカ勝利

https://youtu.be/MCG2ycuoOg4

前半いきなりアメリカに得点されて苦しい展開から始まりました。そのまま立て続けに得点を奪われ前半だけで4失点の展開です。ここまでくずれるなでしこも最近は珍しかったと思います。

アメリカは高さを生かしたプレーでくるかと思いきや、1点目、2点目は低いボールからの失点ではあるので、裏をかかれてしまいました。日本は研究されていました。

アメリカが強かったとしか言いようがないかもしれませんが、連続で失点してしまったために気持ちの動揺が激しかったのかもしれません。3点目、4点目はミスからの失点だったとは言えるでしょう。これがなければかなりの接戦になった可能性もあります。

アメリカ相手だと点を取られない事が重要です。常にFIFAランキングも上ではあるし、結果だけみればまだアメリカに実力が追いついていないと言えるのかもしれません。

しかしワールドカップ、オリンピック、そしてワールドカップと2位以上を確保しているのは立派な成績です。今回も準優勝ではあったので、よく頑張ったと思います。

上位に入ったチームはどこも強くて体力の劣る日本は今後もなかなか厳しいとは思いますが、常に上位に入れるチームを目指してさらなる実力アップを目指して欲しいです。なでしこが強くあり続ける事は日本の希望になっていると思います。

準決勝 なでしこジャパンVSイングランド

日本 FIFAランキング4位
イングランド FIFAランキング6位

試合結果 2-1 日本勝利

https://youtu.be/bzqy_viVJss

前回大会優勝したなでしこジャパンでしたが、その予選リーグで負けた相手がイングランドではありました。近年強くなっているなでしこジャパンではあるもののこれまでの試合でイングランドには勝利した事がなかったようです。

とは言うもののディフェンディングチャンピオンのなでしこジャパンではあるので、割りと下馬評では日本有利の声が聞かれる事も多かったと思います。

しかし蓋を開けてみるとかなり接戦ではありました。イングランドが押しこむ場面も多かったかと思います。お互いPKで一点ずつ取り合いその後は膠着状態が続きました。今大会これまでの試合では一番の難敵ではあったかと思います。

1対1の同点のまま延長戦に入るかと思われたアディショナルタイムで相手のオウンゴールで得点を上げ、なでしこジャパンの勝利となりました。かなり接戦だったのでなんとか勝ったイメージではあります。

オウンゴールとは言えいいパスが出て、それを必死に止めた結果、相手のディフェンダーが入れてしまったという結果ではあります。単純なミスという事でもないと思うんですよね。

PKに関しては審判にシミュレーションだろと言いたくなるプレイではありました。お互いのPKが微妙だったので帳尻合わせだったのかもしれません。

準々決勝 なでしこジャパンVSオーストラリア

日本 FIFAランキング4位
オーストラリア FIFAランキング10位

試合結果 1-0 日本勝利

https://youtu.be/KuSJIQ_x028

女子ワールドカップ2015の準々決勝です。なでしこジャパンはオーストラリアと対戦しました。オーストラリアはアジア枠のチームではあります。アジア勢同士の対戦となりました。

今回アジアからは日本を含めて4ヶ国が決勝トーナメントへ進んでいます。これもなでしこ効果なのでしょうか。アジア勢のレベルアップを感じてしまいますね。

なでしこジャパンがワールドカップを取ったディフェンディングチャンピオンだとは言っても、決して侮れないアジア勢だとは思います。

試合の結果はなでしこジャパンが1-0で勝ちました。序盤から常に優勢に感じる試合展開ではありました。なでしこジャパンが攻撃をする機会の方が多い試合でした。

スポンサーリンク

ですがなかなか得点が入らず、後半の終盤に来て交代して入った岩渕真奈がシュートを決め1-0でなでしこジャパンが勝ちました。オーストラリアとしては守り重視でカウンター狙いだったのかもしれません。

なでしこジャパンVSオランダ

日本 FIFAランキング4位
オランダ FIFAランキング12位

試合結果 2-1 日本勝利

https://youtu.be/8kwpxthBF6g

決勝トーナメントの初戦、なでしこジャパンはオランダと対戦しました。オランダは英語表記ではNetherlandsとなるようです。Japan v. Netherlands となっているので日本人には何処と対戦したのか分かりにくいですね。

結果は2-1でなでしこジャパンの勝利です。オランダとの対戦も有利な試合展開となっていて前半に得点を取り、後半にも得点を加えてほぼ勝ちは確実だなと思わせる試合展開ではありました。

しかしゴールキーパーの海堀が安易なミスで1失点してしまい、終盤に下手すれば追いつかれるんじゃないかな?と思ってしまう事態にはなっていました。

終盤でリードするとどうしても守りに入るので、相手に攻めこまれてる印象にはなるのですが、これもしっかり守って勝ったというのは本当のところかもしれません。

試合後の外国メディアの評価ではなでしこジャパンの華麗なプレーを褒める記事もありました。なでしこジャパンは女子サッカーにありがちなパワープレイよりも技術力で勝つチームではあります。そんな一面を評価されたのでしょう。

なでしこジャパンVSエクアドル

日本 FIFAランキング4位
エクアドル FIFAランキング48位

試合結果 1-0 日本勝利

https://youtu.be/QI9s7zjZFQw

予選トーナメントの最終試合はエクアドルとの対戦でした。エクアドルという国は何処にあるのか失礼ながらよく知らなかった私ではあります。南米の国になるようですね。ペルーとコロンビアの隣にある国となるようです。

エクアドルに関してはこのグループリーグの中で少し実力が劣ると感じるチームではありました。エクアドルVSカメルーン 6-1、エクアドルVSスイス 10-1 と大差で負けていたからです。

なでしこジャパンとの試合も大差がつくかに思われましたが、結果は1-0という試合ではありました。数多くのチャンスを作りながらもなかなか決めきれない試合でした。

エクアドルにしてみれば名誉挽回としっかり守りに徹していたように感じられます。サッカーの試合では相手が守りに入ると得点は入りにくいものではあります。

にしても得点の少なさに不安視もされるネット上の評価ではありましたが、予選リーグ3戦全勝ではあるので確実に勝った試合ではあったと言えるでしょう。

この試合ではグループリーグ1位突破がかかっていたので、最小得点ではあっても確実に勝ったのは大きかったと言えます。強豪であるドイツ、アメリカ、フランスとの戦いを決勝まで回避する事ができました。

なでしこジャパンVSカメルーン

日本 FIFAランキング4位
カメルーン FIFAランキング53位

試合結果 2-1 日本勝利

https://youtu.be/O8QP2aigQEI

予選トーナメントの第2試合はカメルーンとの対戦です。男子サッカーではアフリカ勢は身体能力が高く、カメルーンなどはアフリカ勢の強豪というイメージです。

女子サッカーではどうなのかな?というところではあるのですが、男子同様体格的には手足が長く身体能力が高そうにも感じる相手ではあります。

エクアドルを圧倒して勝ってはいたし侮れない相手です。結果的にカメルーンはスイスにも勝ち決勝トーナメントに出場していたので、この予選リーグでは一番の強敵だったのかもしれません。

試合展開はなでしこジャパンが序盤から点数を入れ2-0で終盤まできた試合ではありました。しかし、終盤になると勝っている側は守りに入るのが定番ではあるので、カメルーンの攻撃機会が多くなり、1失点してしまう事になります。

最終結果は2-1でなでしこジャパンが勝ち2連勝で決勝トーナメント進出を決めた試合となりました。若干の不安定さに疑問視される結果ではありましたが、確実に勝点を取った事は評価できるでしょう。

なでしこジャパンVSスイス

日本 FIFAランキング4位
スイス FIFAランキング19位

試合結果 1-0 日本勝利

https://youtu.be/LPI3MR6kj6U

予選トーナメントの初戦はスイスとの対戦でした。ワールドカップ前の親善試合結果などでは勝ち進む力があるのかは疑問視されていたかと思います。そんな状況での予選トーナメント開始となりました。

結果は1-0でなでしこジャパンの勝利です。安藤がペナルティーエリアでファウルをもらいPKとなり、宮間が確実に決めて勝利した試合ではありました。

ファウルを受けた安藤は負傷してしまいました。骨折したようです。骨折なのでさすがに戦線離脱となり、安藤選手は帰国されていましたね。主力の選手なので残念な事ではありました。

この試合ではスイスの10番であるバッファマン選手のドリブルが凄くて目立っていました。ツイッター上でも話題になっていたようです。

スポンサーリンク

 - サッカー, スポーツ