Soweeb!

フィリップスからヌードルメーカー登場、うどん、そば、パスタなど生麺が10分で作れる

      2014/06/19

PHILIPSからヌードルメーカーなるものが発売されたようです。これはうどんやそばやパスタなどの生麺を家庭で簡単に作れるという機器になるようです。

PHILIPSと言えば個人的には電気シェーバーのイメージです。男性用の髭剃りの事です。ロータリー式の回転刃が特徴かなというところ。

そんなイメージのPHILIPSでしたが、いろいろ家電も製造販売しているようではあるんですね?良くは知りませんけど、今回ヌードルメーカーを発売という事でそうなんだと改めて認識しました。

このヌードルメーカーなんですが、今まであるようで、なかった製品かもしれませんね。

スポンサーリンク

パスタ製造機なんかは売っているのかもしれませんが、うどんやそばが作れるのはあるんでしょうか?和、洋、中の3つのジャンルの麺が作れるのは、ちょっと「おお」といった驚きです。

そばと書いてるのは中華そばとなるようです。ラーメンの麺になるという事になります。和そばは作れるのかな?よく分かりません。

ヌードルメーカーの価格はいくらくらいでしょう?

うどん、パスタ、そばの生麺が作れるというこのヌードルメーカーなんですが、お値段はおいくら位なんでしょう?結構しっかりした作りぽく見えるのでそこそこのお値段はしそうです。

楽天市場で調べてみました。
ヌードルメーカー一覧<楽天市場>

楽天市場では3万5千円をちょっと切るような価格で置いていました。

そこそこのお値段ですね。お料理好きな方が拘りの生麺を作りたいという場合にはあると便利かもしれませんね。手が届かない値段でもないので、お料理好きな奥様には欲しくなる一品かもしれません。

ヌードルメーカーでしっかりと生麺は作れる?

この手の機械は、信頼性はあるのかな?と言った疑問もあったりしますが、ネット上のレビューを見てみると、しっかりうどんも作れるし、パスタも作れるし、中華麺も作れるようです。

生麺自体の品質も一般的な麺として十分使える品質のものができるようですよ。自分で自家製の麺を作りたい場合にはよさそうですね。

スポンサーリンク

10分でできると謳っている通リ、作るのは簡単にできそうな感があります。

ヌードルメーカーの使い方は?

公式サイトに使い方が載っていたので、ここでもちょっと紹介してみます。公式サイトでは3ステップで簡単製麺と書かれています。説明を見た感じでは本当に簡単に作れてしまいそうです。

1,粉を本体に入れる
粉と水をキッチンスケールで計ります。そして粉を本体に投入するという過程です。特に難しそうな事はありませんね。

2,スタートボタンを押す
電源が入っている事を確認。そしてこね時間を確認、開始ボタンを押すという事になります。こねの段階へと進むようです。

3,液体を入れる
こね動作が始まったら、上からちょろちょろと液体を入れるようです。うどんの場合は水なのかな?パスタの場合は卵黄を混ぜたものを入れるようですね。公式サイトでは黄色い液体を上から注いでいます。

4,5分後麺の出来上がり
こね動作が終わるとお知らせ音がなります。その後製麺動作に入るようです。専用の出口からにょろにょろと製麺された麺がでてくるようです。それをお好みの長さに切って完成となります。

こういった工程で生麺が作られていくようです。時間にしてまさに10分といったところでなんでしょう。慣れると短時間で作れてしまいそうではありますね。

麺まで自家製に拘る方には、便利な機械だなという印象です。

まとめと感想

ヌードルメーカーは家庭で簡単にうどんやパスタ、そばなどが作れる機器です。10分位の工程で簡単に製麺できてしまうので、便利そうではあります。

後片付けも中の物を丸洗いできたりするので、比較的簡単なお手入れができる製品として謳っていますよ。後片付けはなんにしてもめんどくさいものではありますけどね。

自分自身がこれを欲しいかと言われますと、頻繁に製麺して作るという事がなさそうなのでどうなんでしょう?ってとこです。でも機械として面白いので一回は使ってみたいと思わせる機器かもしれません。

作りたての生麺のおいしさというのもあるのかもしれませんし、こだわりのパスタや自家製ラーメンなどを作る場合には手に入れてみてもいい機器ではないでしょうか?

スポンサーリンク

 - 製品