Soweeb!

ビットコインとは何か?わかりやすく説明すると

   

ビットコインという言葉がよく話題になっています。テレビなどでも取り上げられていますね。ちょっとした騒動になったので話題になっていたかと思います。

ビットコインと言われてもよくわからない方も多いかもしれません。ビットコインとは何んでしょう?わかりやすく説明してみたいと思います。

ビットコインとは簡単に言うといわゆる電子マネーという事にもなります。ビットコインは仮想通貨やデジタル通貨やとも言われる事になります。ビットコインは紙幣・硬貨は発行されていません。

ビットコインは米ドルや円など現実通貨との交換も可能になります。ビットコインを現実通貨と交換する手続きはウェブ上の「取引所」を通して行われる事になります。

スポンサーリンク

現実通貨が国家や中央銀行が管理するのに対して、ビットコインはそういった管理する機関がありません。決済が金融機関を通さないため、手数料や諸経費がかからないという事になります。

手数料がかからないという事は重宝されます。そいういった事で急速に認知され、ユーザーに支持された電子マネーではあります。

ビットコインはいつから発生した?

ビットコインは2009年5月にサトシ・ナカモトと名乗る人物がその原理を論文で発表したようです。名前は日本人ぽいですね。しかし、日本人かどうかは不明であるかと思われます。偽名かもしれませんし。

スポンサーリンク

サトシ・ナカモトと名乗る人物が原理を発表したビットコインですが、中央集権の機関が発行しないという仕組みに共感したハッカー達が開発し、普及させたようです。

通貨の発行に国家や中央集権が関わっていないというものは斬新であります。それによって手数料などがかからない仕組みになっています。

ビットコインで何が問題になった?

ビットコインというキーワードは、この記事を書いている段階でかなり話題になっているようです。理由はテレビなどで取り上げられたからです。

人気のテレビ番組で何度か話題に取り上げられていたのを見ました。ビットコインの仕組みが話題になったというより、ビットコインで問題が起きたから話題になったという事になります。

それは「ビットコイン」の大手取引所「マウントゴックス」が「当面、すべての取引を停止する」と発表したからです。そういう事で話題になってしまったんです。

「マウントゴックス」を利用しているユーザーが預けているビットコインを使うことや、現金を引き出すことができなくなりました。

なぜ取引が停止されたのか?といいますと、噂話ではありますが、サイバー攻撃によって、マウントゴックスは管理していたビットコインの相当額を失い多額の負債を抱え、資産の差し押さえを受けているという話です。

実際そうなっているのかどうかは分かりませんが、取引が停止されたのなら、何らかの問題が起こっているいう事は間違いないのでしょう。

取引ができなくなったユーザーが抗議したりして、話題になりテレビでも取り上げられられているという事態になっているいるのです。

スポンサーリンク

 - 用語, 雑学