Soweeb!

失敗しないパソコンの買い方、選び方

   

s00032ネットに接続するのはスマホと言う方も多いかもしれませんが、パソコンによる大画面のネット接続はスマホとは違う魅力もあります。

大学に入学するとパソコンが必要になったり、仕事でパソコンが必要になったりとパソコンを買う機会のある方はまだまだ多くいることでしょう。

でもパソコンはどんどん新しいものがでてくるし、メーカーもいろいろだし選ぶのに困ってしまうという方も多いかもしれませんね。

そんな方達のためにパソコンの選び方、買い方などをパソコンの初心者向けに解説してみようかと思います。なるべく分かりやすく、ツボを抑えた解説をしたいとは思っています。

スポンサーリンク

ノートパソコンを選ぶのかデスクトップパソコンを選ぶのか?

まずパソコンを買う時に選ぶのがノートパソコンかデスクトップパソコンか?という選択ですね。これはどちらがいいのでしょう。用途が明確に決っているなら選ぶのは楽ではありますけどね。

●持ち運びするらノートパソコン
持ち運びするなら当然ノートパソコンを選びましょう。学校に持っていく、仕事で持ち運ぶならノートパソコンがいいですね。

家の中で持ち運びするならこれもノートパソコンが便利ではあります。運んで、電源を入れるだけですぐに使えてしまいます。デスクトップならいろいろ接続の作業が必要になります。

●スペックを重視するならデスクトップが有利
最近のノートパソコンは性能もよくなっているので、いろんな事がストレスなく使える事は多くはなっています。しかし、それでは満足できないという方もいるかもしれません。

最新機種の中でノートパソコンとデスクトップパソコンを比べると、デスクトップパソコンの方がスペックが高い、性能がいいという傾向にはなります。

これは小型化するのにノートパソコンはコストがかかるという事になるからです。

しかしこれは選ぶ機種にもよります。低価格のデスクトップパソコンは場合によってはスペックの高いノートパソコンよりは性能が低いかもしれません。

ですが基本的にはデスクトップパソコンの方が性能、スペックが高いと覚えておけばいいでしょう。

●最新の3Dゲームをするならデスクトップパソコン
もし最新の3Dゲームに興味があるなら、デスクトップパソコンを選びましょう。最新の3Dゲームなどはパソコンのスペックが要求されまます。

ゲームで必要になってくるのはcpuの性能やグラフィックの性能です。

最近のノートパソコンはグラフィックの性能も向上しているので、古いゲームやライトなゲームなら問題なく動く場合も多いかもしれません。ですが、スペックが要求されるゲームでは無理でしょう。

デスクトップパソコンの強みは拡張性にあります。グラフィックボードを最新のものに交換したり、cpuなどの交換も可能になります。

ノートパソコンの場合はこれができません。買った後のスペックアップはメモリ量を増やせる可能性くらいしかありません。

なおデスクトップパソコンといっても、ディスプレイ一体型や省スペース型のデスクトップパソコンは拡張性が低くなります。

また最初から3Dゲームなどをする目的ならメーカー製よりBTOパソコンを選ぶ方がよいでしょう。メーカー製のデスクトップパソコンは、あまりゲーム向きに作られていない事が多いです。

メーカーに拘る必要はあるのか?

パソコンを選ぶ時にメーカーに拘る必要はあるのでしょうか?答えはNoです。パソコンは1つのメーカーが中身をすべて作っているわけではありません。

スポンサーリンク

cpuやメモリ、ハードディスクといったものは、その分野で強みのある企業が作っていて、それらの部品を組み合わせてメーカー製のパソコンが出来上がります。

日本のメーカーでブランド力がある企業と言えば、ソニーなどが有名などですが、同じようなスペックのパソコンで特に評判が悪くないメーカーであれば海外のメーカーでもいいかと思います。

有名メーカーの方が壊れにくいんじゃないの?

これは一概にそうとも言えません。パソコンで壊れやすい部分は経験上、ハードディスクや光学ドライブ、モニタなどですが、これは運にも作用されるかもしれません。有名メーカーのパソコンでも壊れる時には壊れてしまいます。

いわゆる自作パソコンではパソコンのパーツを自分で選ぶ事ができますので、壊れにくいメーカーのパーツを使えば信頼度は増します。

しかしメーカー製のパソコンを買う場合には中身がどんなパーツでどこのメーカーが作っているのかなんて事までは、なかなか調べようがありません。

どのメーカーのパソコンが壊れにくいとか判断するのは難しいかもしれませんね。

海外のメーカーのパソコンは安いけどどうなの?

海外のメーカーのパソコンでもスペックを比べて日本メーカーのものと遜色ないなら、相応の性能があるパソコンです。

海外のメーカーのパソコンは余分なソフトを省いているので安い傾向があります。安いからこれでもいいかな?と思ったとして、特に評判の悪いメーカー、機種でなければ全く問題ないと言えます。

パソコンの機種比較などは価格の比較サイトなどで見ると分かりやすいです。価格.comなどが有名ですね。

サポートを重視するならどこがいい?

パソコンのサポートを重視するなら比較的日本のメーカーの方がよいとは言えます。なんでも人に聞かないと分からないという方は日本のメーカーの方がいいかもしれません。

ただし、期待するほどサポートが充実しているのかは疑問です。海外のメーカーに比べると比較的よいとは言えると思います。

日本のメーカーのパソコンはスペックの割には高めだな?という印象を持つことはよくあります。その分デザインや別の機能が充実してる場合もありますが、パソコンは基本性能が重要なので私的には割高感を感じます。

ですが、海外メーカーに関しては素っ気ないサポートであることは多いです。ちょっとしたトラブルくらいならネットで検索して自分で解決できるという人なら海外メーカーでもいいでしょう。

スペックの見方がわかれば選びやすくなる

パソコンを選ぶ時に必要になるのはスペックに関する知識です。自分にとってどんなパソコンが必要になるのかがよく分かります。

お店の方に進められるまま買えば、それはお店の人次第ということにはなってしまいます。結構高かったけど、意外とスペックは低かったなんて事もあるかもしれません。

基本的なスペックの見方を少しだけ話してみると

cpu・・・パソコンの頭脳に当たる部分、これがよければ処理速度が速い
メモリ・・・一時的に記録する場所、メモリは多い方が動作が速くなる傾向
グラフィックカード・・・高性能である程 3Dゲームなどの動作がよくなる
ハードディスク・・・記録するする媒体、容量多いと多くのファイルを保存できる

という具合にパソコンの性能を見ていきますが、ここでは簡単な説明で済ませています。本当に得するパソコンの買い方を身につけるならば、パソコンのスペックに強くなりましょう。

ネットや書籍などでいろいろなパソコンに関するいろいろな情報が手に入るはずなので、調べてみるといいですね。

スポンサーリンク

 - パソコン