Soweeb!

スポンサーリンク

外はパリパリ中はホクホク!餃子の焼き方を教えてくれる動画4選

   

この記事では餃子の焼き方を教えてくれる動画を紹介してみようと思います。

いくつか餃子の焼き方の動画を見ていたのでまとめてみたいと思いました。

 

なんで餃子の焼き方の動画を見たんだっけな?

以前にも餃子の焼き方を調べて、改めてもっといいやり方はないかと思ったんだと思います。

 

筆者は小麦粉を水で溶かして蒸し焼きにするやり方を使っています。

このやり方だと素人でもパリっとした羽付き餃子を作る事が可能ではあるです。

スポンサーリンク

 

動画ではプロの方などが餃子の焼き方を詳しく説明しているので参考にしてください。

テフロン加工のフライパンを使うのが主流ではあるようですね。

筆者は鉄のフライパンを使っています。

プロが教える羽付き餃子の焼き方

浜松餃子のオーナーが餃子の焼き方を解説してくれる動画であるようです。

フライパンはテフロン加工のものを使うとの事です。

 

筆者の家にはテフロン加工のフライパンはないです。

テフロン加工のものもあったら便利かもしれません。

 

火をつける前に餃子を並べているのは印象的でした。

テフロン加工ならくっつかないって事かな?

 

割と芸が細かいというか、いろいろ細かいポイントがありますね。

最後に油を投入したり、ぬれぶきんでフライパンをさましたりしています。

 

円形に並べてお皿で受けると上手く餃子を皿に盛りつけられます。

この技は筆者も以前別の動画を見て真似していますが、便利ですよ。

絶対に焦がさない餃子の焼き方

こちらもプロの方が教えているのかな?

おつまみ本舗というお店の方が押してています。

 

見た感じ冷凍の餃子のようですね。

スポンサーリンク

フライパンは特に説明もしていませんでしたが、テフロン加工のような感があります。

 

割と1本目の動画と共通する事も多くて、基本は最後に油を投入する事がよいみたい?

筆者はチルドの餃子を良く焼くのですが、最後に油は使っていません。

真似したらよい技なのかもしれませんね。

 

水の分量や火加減、役時間も説明されて分かりやすくなっています。

ただ個人個人で環境が違うので、このままやってうまくは行くのだろうか?

 

餃子って焼く経験も必要にはなってくるんだよね。

テフロンだと上手くいきやすいのかな?

羽根つき餃子の焼き方!!

こちらはチルド餃子を羽付き餃子にして焼くやり方です。

テレビなどでも羽根付き餃子の焼き方を特集する事があるんですが、この方法を使えば素人でもぱりぱり感のある餃子は作れます。

 

水に小麦粉を溶いて蒸し焼きにしていくんですが、小麦が羽になってパリパリになるんですよね。

筆者は鉄のフライパンで焼いているんですが、上手く焼けば羽根つきができてしまいます。

 

でもご家庭で餃子を焼く場合はやはりテフロンの方がくっつかなく便利なんだろうと思いました。

餃子の王将 生餃子の焼き方

こちらは餃子の王将の生餃子の焼き方を解説した動画になります。

餃子の王将の公式ではあるようですね。

 

餃子の王将と言えば持ち帰りで餃子が買えるんですが、焼いてない生餃子も販売していたかと思います。

筆者は王将さんでは焼いた餃子しか買った事がないです。

 

お店で焼いたもらった方が楽なんですよね。

この動画の解説ではやはりテフロン加工のフライパンを使っているようですね。

 

今はテフロン加工のフライパンが一般的ではあるし、くっつかず餃子をやけそうですね。

動画の内容としては一般的な餃子の焼き方とさほど変わりはないです。

 

縦並びに焼いているんですが、円形に焼いて皿で受けてもよいんじゃないでしょうか?

スポンサーリンク

 - レシピ