Soweeb!

wimaxにまとめてスマホのネット通信費を節約する方法

      2015/03/28

スマートフォンを使っている人、またはスマートフォンを使おうかと思っている人増えているとは思います。特に都市部では多いようですね。回りがスマホ使っているし自分も使おうかという事になるんじゃないかと思います。

とあるトークバラエティ番組のパネラー達もスーマートフォン率が高くなっていました。スマートフォンを使っていますかのアンケートに対し、9割くらいがスマートフォンでした。

しかしスマートフォンは高いというイメージですね。スマーフォフォンの維持費が高くなる理由は、通話もあまりお得ではないですが、パケット代が高くなる事になります。しかも月7Gくらいの制限付きなんですよね。7G使うまでは通信速度は速いのですが、それ以上使うとガクっと遅くなる制限つきなんです。

スポンサーリンク

そのくせ定額パケット代は6000円とか平気で取られます。基本の維持費だけでも7000円くらいになるのがスマホの現状です。速度制限付きのネットなのにこんなに高いのは正直携帯電話会社も儲けてるなというイメージです。

家に帰ればネットをされる方もいるでしょう。スマホにはテザリング機能があるのでスマホを使ってPCでネットをする事も可能です。しかし7Gの制限付きですから、ちょっと大きめのファイルをダウンロードしたらすぐですね。その後は制限された遅い速度になってしまいます。

ですから、家でも光などのネット契約、スマホでも高いネット契約となり2つ合わせると通信費がかなり高いぞ!という状況になってしまいます。これをなんとか安くする方法はないものか?と思う方もいるでしょう。

スマホと家でのネットの通信費をまとめて安くする方法の1つにwimaxがあります。wimaxはモバイルインターネットですので家の中でも外でもネットをする事ができます。

スマホはwifiでもネット接続できますので、wimaxがあればスマホでもネットができるんですね。家ではPcを使ってネットをする事ができます。そんな訳で知っている方は通信費をwimaxにまとめて安く上げている方も多いようです。

wimaxは月4000円を切る定額料金で利用する事ができます。スマホでもPcでもネットを楽しむ事ができるわです。

そんなwimaxでスマホとPCのネット料金をまとめてしまう要点などを話したいと思います。

スマホのパケ漏れを防ぐ方法を考える

wimaxを利用してスマホをwifiで運用するとなるとパケ漏れしたら意味がありませんね。スマホの設定でパケ漏れを防ぐ事も可能なようですが、絶対ではありません。勝手にネットに繋いでパケ漏れするケースもあるとかないとか?パケット定額に入っていないと心配という事にはなるんです。

そこでwimaxで運用するなら携帯電話会社とネット接続契約をしない事にします。もちろんパケット定額も契約しません。

auなら「lte net」
docomoなら「spモード」

を契約しません。これでどうやらパケ漏れはしないようです。実行する場合は各携帯会社のスタッフにもパケ漏れしないか確認はしておいてください。

sofotbankの場合はスマホで契約するとネット接続サービス加入も必要になります。ネット接続サービスをはずせないんですね。よってsoftbankの場合はスマホ自体の設定でパケ漏れを防ぐしか手がないです。万が一のパケ漏れの可能性はあるかもしれませんね。

薄毛が改善する方法と知識のまとめ

スポンサーリンク

パケ漏れを防ぐ方法についての考察は別記事にてもしてますのでこちらもどうぞ。
スマホを通話とwifiで運用しパケ漏れしない方法とキャリアは?

パケ漏れについては自己責任ということになります。当方は責任を取りませんので、あしからず。

スマホとガラケーの2台持ちもあり

スマホとガラケーの2台持ちもありです。ガラケーを通話専用にしてしまいます。スマホは白ロムをどこかで買ってきて使います。wifi専用機となりますから、携帯電話会社とは契約しません。これだと物理的にパケ漏れしようがありません。

スマホとガラケーの2台持ちの方も多いようですね。ガラケーの方が無料通話もついている場合もあるので通話に関してはお得かもしれません。

wimaxが家でも使えるか?を確かめる

wimaxには「try wimax」という制度がありまして、無料でwimaxを試す事ができるんです。wimaxのルーターも貸し出してくれますので、無料でwimaxがつながるか確かめられます。それを利用してwimaxを試してみましょう。

wimaxはエリア範囲に入っていれば基本的に使うことができます。しかしwimaxは建物の中では弱いんです。そこでwimaxルーターを窓際に置きます。wimaxルーターからPCやスマホへは無線Lanで通信する事になりますから、wimaxルーターを窓際におけばいいんですね。

この状態で十分な速度がでるようならば使えるという事になります。

まとめ

パケ漏れ対策をしてスマホをwimaxで運用すると、pc用のネットと料金をまとめられて通信費をぐっと抑える事ができます。wimaxは速度制限がないので高速のインターネットを制限なく使う事が可能になります。wimaxは室内では弱いという弱点もありますが、工夫するとお得ではあります。

wimaxは1つのルーターで1契約となります。2つルーターを持つことは可能ですが、どちらか一方しか使えないようです。

だから外に誰かがルーターを持っていくと家にいる家族が使うということはできません。単身者向けのネット料金節約方法ではあるかもですね。でも家にルーターがある状態なら家族が同時にネット接続というのは可能ですよ。

スマホのパケ漏れについては自己責任となりますのでご了承ください。

追記

この記事を書いた時点からwimaxの状況も少し変わって来ているので追記を書いておきます。最近はwimax2も多くのエリアで使えるようになってきており、wimax2の方に力を入れているようです。

wimax2はwimaxよりも速度が速いプランになります。wimax2の2年契約は2年目まではwimaxの1年契約と同じくらいの料金になります。UQ Flatツープラスというプランです。

wimax2のUQ Flatツープラスは月間転送量制限があります。またUQ Flatツープラス ギガ放題というプランもあります。

こちらは月間転送量制限がないのでヘビーユーザーには使いやすいでが3日間で3GBのデータ通信が発生した場合に一定の速度制限をかけるという制限はあるようです。

またwimaxの速度が2015年2月12日以降順次エリアごとに下り速度は最大40Mbpsから最大13.3Mbpsに切り替わると発表されています。

薄毛が改善する方法と知識のまとめ

スポンサーリンク

 - スマートフォン