Soweeb!

フリー音楽制作ソフトLMMSを弄って遊んでみた

   

dtmの事の情報をいろいろ見てたら、そう言えば以前にインストールしたLMMSというフリーのソフトがあるなと思い出し、このソフトについていろいろ調べてみました。

DTMに関してはちょっと触った事がある程度なので本格的にはやっているわけでもないのですが、フリーソフトなどはちょっとインストールしてみて遊んでみたりはしています。

検索しているとLMMSの事はちらほらのでてきますので、どんなソフトであるのか?などがわかってきました。

スポンサーリンク

あと動画で使い方などを説明しているものもあったので、リズムパターンを作って遊んでみてるところです。そんなLMMSについて語りたいと思います。

LMMSってどんなソフトなんだろう?

LMMSはLinux MultiMedia Studioの略となる言葉です。頭文字を取って通称LMMSと呼ばれているようです。Linuxという言葉がついているので、リナックスOSで使える音楽制作ソフトとして発達したもののようですね。

私も以前はリナックスをインストールして遊んだりしていたのですが、最近はリナックスからは遠ざかっています。最近は完成度の高い音楽制作ソフトもでてるんですね。

LMMSはしっかり音楽を制作して遊んべるようなので、フリーで手に入るなら十分いいかもしれません。リナックスの場合はフリーが前提のソフトが多いので、WINDOWSの無料音楽ソフトのように一部無料とか古いバージョンだけ無料とかそういったジレンマがない分いいかもしれませんね?

LMMSはwindows用のソフトもあるのでWindowsでも遊ぶ事ができます。私もウィンドウズにインストールして遊んでいますよ。

LMMSはFL Studioと似ているらしい

LMMSはベルギーのImage Line社が開発したFL Studioに似ているソフトらしく、FL Studioのデータをインポートすることもできるようになっているようです。

いろんなサイトのLMMSについての解説を見ているのですがDAWと説明しているところもあれば、DAWというより独自の路線のソフトであると解説しているところもあります。

フリーで使える音楽制作ソフトという事なので、気楽に使ってみたらいいのかもしれません。無料ですしね。

LMMSをインストールしてみよう

公式サイトは
http://lmms.sourceforge.net/home.php
になります。本体をダウンロードしてインストールすることになります。難しい事はなかったと思うので、他のソフトと同じようにインストールするだけです。

スポンサーリンク

Downloadというところをクリックするとダウンロードできる一覧が表示されていると思うのでダウンロードしましょう。自分の環境にあったものを選ぶことになります

64bitのPCを使っている場合は64bitを選びます。もちろんウィンドウズかリナックスか自分が使っているOSに合ったものを選んでください。

参考動画を見ながらリズムトラックを作ってみると

動画サイトにLMMSの使い方を解説した動画がありました。全9回のシリーズになっていて、短めの曲を完成させる様子を解説しています。

LMMSで曲を作る01 リズムトラック01

概ね画面右側にあるビート+ラインエディタにそれぞれのパートのパターンを作って、左側のソングエディタで何小節使うかを選択していくやり方で曲が完成していくようです。

この動画はシリーズで作られているのでひと通りのLMMSを使った作曲方法が分かる構成になっています。
LMMSで曲を作る

私はリズムトラックを作るという事までやってみました。動画の画面上はどのサンプル音を使っているのか見えにくいのですが、これだろうと思われるものを使って制作しました。

それぞれの音をどのタイミングで鳴らすかを選んで、あとは強弱をピアノコントロールで決めます。この動画では強弱をコントロールしてるのは最後のsnare01だけという事になります。

強弱も動画と似たような構成にして、これで基本のリズムパターンは作る事ができました。LMMSを使ってみた印象としては、結構簡単にできそうなのかな?というところです。

ただセンスがないとできないことではあるでしょうから、リズムパターンなどの基本的なセンスを磨く練習をしないといけないのかもしれませんね。

動画を作っている方は適当にいじっているようでコツが分かっていらっしゃる感じです。こんな風に作曲ができたらおもしろそうですね。

スポンサーリンク

 - DTM