Soweeb!

スポンサーリンク

AGAとは?どんな意味の言葉なのか

   

 

AGAというキーワードですが、どんな意味の言葉なのかご存知でしょうか。

この記事ではAGAがどんな意味の言葉なのかを解説してみようと思います。

 

AGAとはAndrogenetic Alopeciaの略語になります。

単語の頭文字あたりを組み合わせてAGAという事になるのでしょう。

このアルファベットの言葉だけでは何を意味する言葉なのかは、分かりませんよね。

スポンサーリンク

Androgenetic Alopeciaは男性型脱毛症の意味になります。

薄毛やハゲの事について調べていたらこのキーワードに辿り着きました。

前からこのキーワードの事を知ってはいたのですが、改めてブログのネタとして取り上げてみようと思ったのです。

 

AGAの事について軽く説明すると、wikiなどの説明ではAGAは男性ホルモンのジヒドロテストステロンの作用によって引き起こされると説明されています。

男性の薄毛やハゲは大人になると起こる事がほとんどですよね。

男性は成長すると男性ホルモンの分泌が多くなるわけですから、こういった理由があるのは納得できるかと思います。

 

AGAというキーワードは割と知られているキーワードのようです。

聞くところによると、テレビCMや番組などで取り上げられる事も多いのだとか。

 

実は私は最近あまりテレビを見ないんですよ。

飽きてしまったのかもしれないし、なんとなくつける機会が減りました。

 

ある時、テレビが壊れてしまってテレビを所持していない時期があったんですよ。

スポンサーリンク

すると不思議なものでテレビを見ない習慣ができてしまったんですね。

それからテレビが再び家にある状態になっても、あまり見なくなりました。

 

そんな訳で世にどんなCMが流れているのかよく知らないんですよ。

だから、そんなに頻繁にAGAの事がテレビで話題になってるのかな?という疑問はあったりします。

 

CMを見るためにわざわざテレビをつけませんからね。

動画サイトなどでもCMは流れていますが、結構飛ばしちゃいますよね。

あのCMを見ると人って多いのだろうか。

 

話は少しそれてしまいましたが、どうやらAGAというキーワードは割と知られているようだと分かりました。

薄毛やハゲの事について気になる男性陣にとっては自然と行きつくキーワードかもしれません。

 

昔から薄毛に関する商品は多くあったのですが、私がテレビをよく見ていた時代はAGAのキーワードは見かけなかった記憶はあります。

かつらの宣伝であったり、あとは育毛シャンプーの宣伝もよくありました。

 

最近はAGA専門のクリニックなどもテレビCMをやっていたりするのだろうか?

考えてみたら昔から薄毛やハゲで悩む事のは男性に多い訳でして、男性ホルモンの影響が大きいだろうという事は推測はできたはずなんですよね。

でもAGAというキーワードが有名になってから、改めて薄毛と男性ホルモンの関係を知ると納得の話ではあるんです。

 

最近では皮膚科やクリニックで投薬の治療もあり、薄毛の回復に成功している男性も多いと聞きます。

時代は変わるものだなという感想ではあります。

スポンサーリンク

 - 雑学